デジタルトランスフォーメーションの7つの事例をこちらの記事で紹介しています

CIO代行サービスとは何か?IT顧問をあなたの会社に取り入れる!

CIO代行サービスとは何か?IT顧問をあなたの会社に取り入れる!

スポンサーリンク

目次

CIO代行サービスとは何か?IT顧問をあなたの会社に取り入れる!

簡単に説明すると

私じゅんが
リモート相談や会議、訪問や常駐することによって
CIOの業務を代行してくれる

というサービスです。
システム部門が存在しない企業や存在しても情報システム部門の担当者は一人といった企業や
情報システム部門がパソコンを修理するだけの部門になっている企業には
特に、お役に立てるサービスです。

CIO代行は具体的には何をしてくれるの?

CIO代行サービスでは主に以下の3つのことを行います。
どれか1つだけでも構いませんし、3つ全てでも構いません。
あなたの会社の状況に合わせて内容を選ぶことができます。

1.相談|ITに関する相談ができます
2.計画・実行|プロジェクトが早く進みます
3.運営|社内の仕組みを確立できます

1.相談|ITに関する相談ができます

メール、チャットツール(Chatwork、LINE、Slack、Skype)、ビデオチャット(Zoom、appear.in)を使ってIT活用に関する相談をすることができます。メールやチャットは回数制限無く随時対応します。
ビデオチャットは文字だけでのやりとりでは伝わらない場合や実際の現場を見ながら話したほうが良い場合などに使用します。

初めのうちは、私じゅんがどのような人かわからなかったり、相談して大丈夫かどうかと判断するためにビデオチャットでお話する場合が多いです。

2.計画・実行|プロジェクトが早く進みます

会社全体のIT戦略立案・実行支援

経営者、業務部門、IT部門の方々へのヒアリングと現地調査にてあなたの会社に合ったIT戦略を作成します。
作成されたIT戦略は具体的な実現のために社員への説明や教育、情報システム導入のための企業への依頼等も行います

IT戦略についてはこちらの記事を参照ください
(準備中)

個別プロジェクトの計画・実行支援

既に具体的なプロジェクトが動いている場合も存在します。また、IT戦略がすでに存在している場合も該当します。

戦略はあるのに、具体的な個別プロジェクトが一向に進まないというケースも多く存在します。
そんな時にプロジェクト推進のお手伝いをさせていただきます。

具体的には、プロジェクト推進のためにプロジェクト管理(問題点の特定と課題設定、スケジュール管理)や会議の司会・進行(ファシリテート)を行います

3.運営|社内の仕組みを確立できます

私のサービスはCIO代行です。代行という表現からわかるように一時的に私が代わりにお手伝いをしていることになります。

私がいなくなったらあなたの会社の情報システムの運営はどのように行えばよいのでしょうか?
そのためは情報システム部門の運営は書かせません。あなたの会社のCIOが存在し、情報システム部門が機能することで初めてITを活用する基盤が出来上がることになります。

しかし、IT人材から成る組織の運営は専門性が強いため運営自体が難しいです。
そのため、運営のお手伝いを行い、あなたの会社の情報システム部門の運営が軌道に乗るようにお手伝いいたします。

具体的には、人事部と協業し、情報システム部門の採用、育成、運営を行う、情報システム部門のスタッフ目標設定を行い育成を行うなどです。

具体的なサービス利用事例

内容の規模によって相談、計画・実行、運営の関わり具合がことなりますが、いくつかの事例を紹介します。

IT用語がわからない。検索の仕方もわからない。

チャットツールでいつでも相談できます。ChatworkやLINEといったツールでいつでもメッセージのやりとりができる状態にしますので、気になった時に聞くことができます。アレやコレといった曖昧な表現でも大丈夫ですので相談しやすくなっています。
わかりやすいWebサイトの説明ページやYoutubeの動画リンクなどをお送りして解決する場合もあります。

社内で使っている独自システムがあるのだが、分かる人がいなくてどうしたらよいかわからない。

レガシーシステムとなっているためもしもシステムに異常が発生して利用できなくなった場合に、復旧することができなくなってしまう恐れがあります。
その前に移行する・再構築するなどの計画を立てて実行するための具体的な相談を進めます。
必要に応じてあなたの会社への訪問も行います。

レガシーシステムとは
(Link)

【事業会社様】システムベンダーの出してきた資料が難しすぎて何が書いてあって、何を言いたいのかが理解できない

資料をお送りいただき、私の方でレビューいたします。その資料に対する指摘事項や質問事項などをまとめてお送りいたします。
また、資料全体として何を伝えたいのか、見るポイント等もまとめた情報をお送りいたします。

この時、お客様(今回の場合は事業会社様)において内容を把握しようとせず、私への丸投げはご遠慮いただいております。
わからないからと言って理解しようとしない姿勢はご協力できかねます。

【システムベンダー様】 お客様にいくら説明しても理解してもらえない

説明資料をお送りいただき、私の方でレビューいたします。
理解しづらいポイントを整理してフィードバックいたします。

また、必要に応じて会議に同席させていただき、お客様の疑問ポイントをヒアリングさせていただく場合もあります。

毎日同じ作業を繰り返しているのが無駄だとわかっているけど、それをどのように改善していけばよいかわからない

高額なシステムを導入しなくとも、Excelの修正や業務フローの見直しだけで改善される場合もあるため、必ずしも費用をかけて改善しなくても良い場合があります。
チャットツールにてお悩みをご相談できます。

なんて説明したらよいかわからない・どのように話を持っていったらよいかわからない

そもそもメールやチャットで文字を打つのも慣れていない、文章では正確に伝えられるかわからないと言った場合は、オンラインミーティングなどで言葉やジェスチャーを使ってお話することもできます。

顔を見ながらお話できるので安心して会話できます。
ノートやホワイトボードにメモを書いてそれを見せながら会話すると言ったこともできるので、会話がしやすいです。

世の中にどのようなサービスがあるかわからない

当ブログでも紹介していおりますが、サービスが多すぎて紹介しきれていないのが現状です。

直接ご連絡いただき、どのようなサービスというざっくりな内容でもかまいませんので、お伝えいただければおこたえさせていただきます。

同じようなサービスを提供する企業が複数社あってどの会社にお願いすればよいかわからない。

このような場合、RFP(RequestForProposal:提案依頼書)と呼ばれる資料を作成し、各社へ提案のお願いをするのが一般的です。
サービス内容の資料を収集するだけではわからない提案をもらえる可能性があります。RFPの作成に関するサービスも行っております。

社内でのIT活用に関する統制がとれず、いつまでたっても話がまとまらない

経営層、業務部門、情報システム部門のそれぞれの思いや考えは異なります。それぞれが思うがまま会話を進めていては話がまとまりません。

CIO代行サービスでは各部門の視点を踏まえつつ、調整しながら方向性を整理していきます。
必要に応じて、対面での打ち合わせ、訪問での現地調査も行います。

IT人材の採用文をどのように作成したら良いかわからない。求人要項を作成したい

ITスキルに関しては専門用語が多く、あなたの会社に合ったスキルを持っている人材を採用する必要があります。
そのためには適切な用語を使って募集要項を作成しないとそれを見たIT人材はあなたの会社に入社をしようとは思いません。
あなたの会社に合った必要な人物像を作成し、求人要項の作成のお手伝いをします。

本日の提案|企業成長のためにCIO代行を活用しましょう

企業におけるIT活用・情報システム部運営・プロジェクト推進に関してお困りなことがあればCIO代行を活用しましょう!
私じゅんがリモート相談や会議、訪問や常駐することによってCIOの業務を代行いたします。
CIOの業務全般でも構いませんし、特定の領域のみ、特定のプロジェクトのみでも構いません。

・ゼロ情シス企業は必見!
・一人情シスの企業は、良き理解者として活用可能!!
・情報システム部門に困っている企業はより活性化!!!

あなたの企業の成長にCIO代行をお役立てください。

お問い合わせはこちら

CIO代行サービスの詳しい内容はこちら

投稿者プロフィール

じゅん
じゅんプロジェクトファシリテーター
フリーランスのITコンサルタント として、CIO代行サービスで多くの企業をサポートしています。
企業のIT戦略 立案・実行支援を行い、
ITを活用した情報システム の導入・マネジメント支援しています。
IT利活用 に関して気軽な相談から経営に関わる支援まで幅広く受け付けています。

普段私が仕事をする時にお客様やプロジェクトチームの方々に実際に話している内容をたくさんの方々に届けます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が好きすぎるので「DX王子」と呼ばれています。

ITに関するお悩みの場合は気軽にご相談ください

社内のITに関する相談やプロジェクト運営支援など、フリーランスならではの柔軟な対応をしています。 ご訪問・対面でのお打ち合わせも可能ですので、お気軽にご連絡ください。

CIO-IT担当役員カテゴリの最新記事