デジタルトランスフォーメーションの7つの事例をこちらの記事で紹介しています

矢印記号(←↓↑→)の超簡単な変換方法知ってますか?えっ!?「やじるし」って入力してるの?

矢印記号(←↓↑→)の超簡単な変換方法知ってますか?えっ!?「やじるし」って入力してるの?

先日私のPC画面を共有しながら打ち合わせをしている際に議事メモのテキスト入力の時に

「→」や「←」の入力で

それなに!?
と言われたのでまとめておきます。
矢印記号(←↓↑→)を「やじるし」と入力して変換している方はご覧いただくと仕事のスピードがアップします!

スポンサーリンク

えっ!?「やじるし」って入力して変換してるの?

わたしが、「zl」で → を変換すると、

「えっ!?それなに?」

と言われました。

「 → って (やじるし) って入力してるよ」

とのことです。

「えっ!?マジ?」

ってなりましたね。。。

みぎ・ひだり・うえ・した の変換で出てきますよ!

まず、(やじるし)はやめたほうがよいです。yajirusi って 8文字も入力しなければならないので、とても効率が悪いです。
せめて下記のように変換しましょう

入力文字出力文字
migi(みぎ)
hidari(ひだり)
ue(うえ)
sita(した)

Google日本語入力なら z+hjkl でもっと楽に入力できるよ

ココからが私がいつも使っているやり方です。

というように日本語入力の状態で、2文字で変換できてしまいます。
yajirusiの8文字と比べて1/4です。
これを覚えておくだけで入力スピードはかなり変わります。
いくら入力するスピードが速くても入力する文字量が多いのでは全体的に遅くなってしまいますから。。。

入力文字キー出力文字
zh
zj
zk
zl

矢印以外の記号も出せる

入力文字キー出力文字
z/
z. (ドット)
z, (カンマ)
z-
z[
z]

IMEにGoogle日本語入力を導入しましょう

上記のような入力をするためには、Google日本語入力というIMEをインストールする必要があります。
IMEとは、Input Method Editorの略で、ローマ字変換の日本語入力をする時にローマ字で入力したあとに変換キーを押すと変換候補が出てくると思いますが、アレのことです。

このIMEをGoogle製のモノを使用することができるのが、Google日本語入力です。
以下のリンクからインストールしていただければ使えるようになります。
WindowsもMacも両方対応しています。なんならAndroid版、iOS版もあるので、スマホも対応してます。

Google日本語入力
https://www.google.co.jp/ime/

Microsoft IMEは使えない。。。。

zを頭文字にした入力は残念ながらMicrosoftIMEでは使用できません。
MicrosoftIMEはWindowsを使用している方が使用しているIMEです。
IMEと聞いてなんのことかわからない方は、自然にMiceosoftIMEを使用していると思っていただいてOKです。

泣きの辞書登録

本記事をご覧になって早速使用してみようとインストールしようとしてもインストールできない場合もあります。
それは、企業内のセキュリティポリシーでサードパーティ製のIMEの使用を禁止している場合です。

インストールしようとするとエラーが表示されます。
おそらく「管理者権限を持った・・・」みたいなメッセージが出るはず。

Google日本語入力は今回紹介した機能以外にもたくさん便利な機能があるのでおすすめしていますが、
上記のような理由で使用できない場合があります。
そんな時は、あまり好きではないですが、辞書登録をお勧めします。

登録の手間はかかりますが、登録してしまえば快適に入力できます。

本日の提案|矢印記号(←↓↑→)を入力する時は、z + hjkl

IMEにGoogle日本語入力を使用しましょう

矢印記号は、z + hjkl で簡単に出せます

Google日本語入力がインストールできない場合は、泣きの辞書登録

投稿者プロフィール

じゅん
じゅんプロジェクトファシリテーター
フリーランスのITコンサルタント として、CIO代行サービスで多くの企業をサポートしています。
企業のIT戦略 立案・実行支援を行い、
ITを活用した情報システム の導入・マネジメント支援しています。
IT利活用 に関して気軽な相談から経営に関わる支援まで幅広く受け付けています。

普段私が仕事をする時にお客様やプロジェクトチームの方々に実際に話している内容をたくさんの方々に届けます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が好きすぎるので「DX王子」と呼ばれています。

どうすればIT企業レベルのIT活用ができるかの「答え」をお教えします

CTA-IMAGE この無料オンライン相談では、 ・ 導入しているITツールをフル活用する方法 ・ IT活用を進める方法 ・ 会社全体のIT活用をどこから手を付ければよいかの答え など、IT企業レベルのIT活用をするにはどうしたら良いかについてお伝えします。 オンラインミーティングで60分お話できます

仕事術カテゴリの最新記事