デジタルトランスフォーメーションの7つの事例をこちらの記事で紹介しています

「 #取引先にもリモートワークを 」アライアンスへ賛同いたします

「 #取引先にもリモートワークを 」アライアンスへ賛同いたします

スポンサーリンク

office Root は「 #取引先にもリモートワークを 」アライアンスへ賛同いたします

この「 #取引先にもリモートワークを 」という活動は、クラウド会計サービスfreeeを提供しているfreee株式会社が行っている活動です。

アクションサイト
https://www.for-partners-remote.work/

SNSを通して見つけたんですが、この取り組みってものすごくいいなぁと感じたので、賛同させていただきました。

office Root は「 #取引先にもリモートワークを 」アライアンスへ賛同いたします

freee株式会社はクラウド会計サービスを提供している企業です

緊急事態宣言が解除された途端に満員電車に戻る?

2020年4月8日に緊急事態宣言が発出されて、リモートワークを導入する企業が増加しました。
出勤する人が減少し、満員電車は緩和されてリモートワークをやろうと思えばできるという企業が増えてきていた印象でした。

しかし、宣言が解除されるともとの満員電車に戻り、リモートワークは何だったんだ?と思っていました。

もちろん、製造業、建築業、飲食業やサービス業、運送業など、現地現場での業務が必須の場合は、リモートワークが難しいという点はあります。それでもこれらの業種においても、企業には営業職や事務職など様々な職種の従業員が働いているはずです。

その方々もすべて一律に出社しなければならないという点はとても疑問に思います。

リモートワークを一過性の取り組みにするのはもったいない

せっかくリモートワークを導入したのだから、可能であれば継続してリモートワークをしていきましょう。今は、緊急事態宣言を受けての自社業務での導入にとどまっている企業が多いはずです。

今後は企業間の取引でもリモートワークを進めていくことでより働きやすい環境を整えていくことが重要になってきます。

私は、これまで多くの企業に対して業務改善の支援を行ってきました。

改善を行う中で業務プロセスの見直しを行うのですが、これまで取引先とのやりとりが問題で効率化の効果を最大限に得ることが難しい場面がいくつもありませいた。

業務プロセス見直しの時は取引先企業を含めた改善が必要な場面がたくさんある

業務プロセスを見直す際に、取引先様を含めたプロセス改善が必要になってきます。関連する企業様を含めて企業間で協力してプロセスを見直さなければ難しいのです。

〇〇の取引先がFAXじゃないと受け付けてくれないから。。。

□□の取引先は担当者へ電話しないと取引が完了しないんだよ。。

というように自社でいくら業務改善を進めようと努力しても取引先様の関係でプロセス見直しを断念するケースが多くあります。

こんなときに取引先企業様も一緒になって業務の見直しをしてくれたらどんなに楽か。。。と何度も思いました。

自社の都合で取引先企業のプロセスを変更するというのは、よほどの理由が無い限り難しいのです。

というかほぼ無理に近いです。

これらのことから自社でのプロセス改善にとどまる施策がほとんどになっていました。いくら自社での業務を効率化しても取引先とやりとりする部分がネックになって、業務が滞ってしまうというケースもあります。

みんなで一緒にリモートワークを進めていきましょう

自社だけでの取り組みでは限界があるので、取引先を含めて関係する企業全体でリモートワークを進めていきましょうというこの活動に賛同することでさまざまな企業間の取引が効率化され、活発な取引が促進されることを願っています。

本当に必要な業務を見直してみましょう

日本では、ハンコ文化が根強く残っています。はんこがダメということではなく、なんでもかんでもハンコを押すという発想がまずいと考えています。

今やっている業務は本当に意味のある業務かどうかを見直してみることをおすすめします。先代からなんとなくやっていることってありませんか?

この記事を見て気づきがあると嬉しいです。

CIO代行というリモートサービスで企業様を支援支援しています

私は主に企業向けにIT活用に関する相談や戦略立案、情報システム部の運営などを行っております。

ここ数ヶ月の相談は以下のような内容が多かったです。

リモートワーク導入する時はどんな機器用意すればいいの?

ビデオ会議する時はどんなソフトウェア使えばいい?

リモートワークで同じ資料を編集するような共同作業ってできるんですか?

メールよりもチャットツールの方がいいって聞いたんだけど、うちにはどんなツールが合いますか?

このような相談をチャットツールやビデオ通話を使って企業の担当者の方々とやりとりをしていきます。さらに規模が大きくなると年間のIT投資額に関する予算を作成し、戦略的にIT導入や活用を行っていきます。

また、最近では

リモートワークを導入したのはいいが、社員同士のコミュニケーションがうまくいかないのでどうしたらいいですか?

ビデオ会議のときの会議の進め方がうまく行かないのですがどうやったらいいですか?

などの質問が多くなっています。このようにツールを導入するだけでなく、どのように使っていくかという点もサポートしています。

自社でIT活用に困っている企業様はぜひCIO代行を活用して自社の業務効率化にお役立てください。

サービス内容に関しては以下のページをご覧いただき、気軽にお問い合わせください。

本日の提案|「 #取引先にもリモートワークを 」

・賛同する企業を増やしてリモートワークを当たり前にしましょう

・SNSやブログなどで積極的に発信しましょう

・賛同する企業は「 #取引先にもリモートワークを 」アクションサイトから運営へ連絡しましょう

https://www.for-partners-remote.work/

・リモートワークを始めとしたIT活用を相談したい企業様は気軽にご連絡ください

なんでもかんでもハンコはダメだけど仕事をする上でハンコは必要ですよ

freeeはクラウド会計サービスを提供している企業です

投稿者プロフィール

じゅん
じゅんプロジェクトファシリテーター
フリーランスのITコンサルタント として、CIO代行サービスで多くの企業をサポートしています。
企業のIT戦略 立案・実行支援を行い、
ITを活用した情報システム の導入・マネジメント支援しています。
IT利活用 に関して気軽な相談から経営に関わる支援まで幅広く受け付けています。

普段私が仕事をする時にお客様やプロジェクトチームの方々に実際に話している内容をたくさんの方々に届けます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が好きすぎるので「DX王子」と呼ばれています。

どうすればIT企業レベルのIT活用ができるかの「答え」をお教えします

CTA-IMAGE この無料オンライン相談では、 ・ 導入しているITツールをフル活用する方法 ・ IT活用を進める方法 ・ 会社全体のIT活用をどこから手を付ければよいかの答え など、IT企業レベルのIT活用をするにはどうしたら良いかについてお伝えします。 オンラインミーティングで60分お話できます

デジタルトランスフォーメーションカテゴリの最新記事