デジタルトランスフォーメーションの7つの事例をこちらの記事で紹介しています

キーボードにこだわれ!なぜ私がHHKB(Happy Hacking Keyboard)US 無刻印 墨を使うか?

キーボードにこだわれ!なぜ私がHHKB(Happy Hacking Keyboard)US 無刻印 墨を使うか?

10年前の自分に向けて伝えたい!!
ただそんな思いで、今回の記事は書こうと思います。

数年前までキーボードなんてどれも同じだし、どんなキーボードでも同じように使いこなせるぜ!的な感じで思ってました。

そう、HHKB(Happy Hacking Keyboard)に出会うまでは。

わたしの場合は、特に腱鞘炎などの痛みなどの体の悩みがあったわけではなく、ショートカットやキーの位置を使いやすいように変えられる(キーバインド)ソフトを探していた時に見つけたのです。

スポンサーリンク

キーボードは商売道具

パソコンを使う業務が多い方は、良いキーボードを使うのが良いです。

昔でいうボールペンのような感覚だと思います。
ボールペンって就職祝いや自分へのプレゼントなどで買うと思います。

保険や不動産の業界ではまだあると思いますが、営業マンは高級なボールペン持ってるんですよね。
あとは、比較的高齢の方が多いですが経営者などの上位層の方も。

これってなんとも思わない人にとっては100円のボールペンでいいじゃん
って思う人も多いと思います。

しかし、高級ボールペンを使っている方は、
相棒として使っていたり、
恩師からもらって、
これは昔・・・といって、
というエピソードが必ずあります。

契約書にサインするときはこれで無いと!とという強いこだわりがある方もいらっしゃいます。
これって他の人からすると「同じじゃん!」って思うかもしれませんが、本人の気持ちの入りよう、パフォーマンスが変わるのです。

そして、同じ道具を使うことでいつもと同じパフォーマンスが出せるというのです。

現在は業界によって文字を書くことそのものがほとんどない業界もあります。
私はほとんどボールペンは使いません。
文章を打つ時はキーボードです。
私にとってのボールペンは、キーボードということになります。
強いこだわりもそうですが、毎日使う商売道具を持つことで高いパフォーマンスが出せるようになります。

静電容量無接点方式を選べ!

じゃぁどのようなキーボードを選べばよいかわからないと思いますが、キーボードには入力方式がいくつかありますが、必ず静電容量無接点のキーボードをおすすめします。

詳細はこの記事に書いてありますので参考にしてみてください。

ではなぜHHKB(Happy Hacking Keyboard)か

ココからが本題です。先程の記事でいくつかキーボードを紹介させていただきましたが、
なぜ私がHHKB(Happy Hacking Keyboard)を使うかを話したいと思います。

HHKB(Happy Hacking Keyboard) の思想に惚れた!

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。
【東京大学 名誉教授 和田英一】

https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/

これみた時シビれましたね!
確かにそうだと!

パソコン買い換えるたびに、そのメーカーのキーボードに合わせるの面倒。ペチペチ感嫌い。。。
なんとなく感じていたことをズバリ言い当てられた感じがしました。

60キーでコンパクト&ホームポジション から手を動かさなくていい

コンパクトだからということに加えてホームポジションから指を動かさなくていいということが良いです。

これは業務内容や好みにもよるのですが、人によっては、
テンキーが無いとだめ、
矢印キーが独立してた方が良い
ファンクションキーが独立していた方が良い
といったことが色々あると思います。

わたしの場合は、極力ホームポジションから動かしたくなかったのです。
このホームポジションを保ったまま、全てのアクションが取れることを考えると必然的にコンパクト設計のこれになりました。

US配列|英字配列

こちらも好みと慣れの話ですが、プログラマ界隈ではUS配列いい!と言われることが多いです。
それは、記号入力の際に:や;、“や’がシンプル「」などが隣り合わせという理由で好まれています。

私の最大の理由はエンターキーです。

日本語配列のエンターキーは遠いんです。
先ほどのホームポジションから動かしたく無いということを考えると日本語配列のキーボードは一旦ホームポジションから離れてエンターキーを押さなければいけなくなります。これが嫌なのです。
US配列であれば、小指をちょっとずらすだけで押せてしまいます。

この小さなことが私にとってはとても大きなことなのです。

Unix配列|Capslockの位置にCtrlキー

これかなり重要です!

みなさんCtrlってすごくたくさん使いませんか?
パソコンの操作を効率的にしようと思ったらショートカットって必須ですよね。

ctrl + c  コピー
ctrl + v 貼り付け

この辺りは有名すぎて当たり前だと思いますが、ctrlを使うショートカットって山ほどあるんですよね。

それをすごくたくさん使う時に気になったことありませんか?
Ctrlキーって左下にあって、手首をちょっとひねらないといけないことを。

そんなことを考えながらキーボードを眺めていると、capslook キーが目に入ってくると思います。

capslookって使います?
使おうと思わないと使わないですよね?
まずなんのキーかわからない人がほとんどだと思います。

そのくせ、こんな最高の位置を陣取ってるんですよ!
このキーがctrlキーだったらいいのになぁ〜ってずっと思ってました。

そんな思っていたことを解決してくれたのがこのUNIX配列です。
この配列ってもっといろんなことがあるのかもしれませんが私にとっては
capslookの位置にCtrlがあるだけで十分すぎる理由になりました。

無刻印|ただの好み

ただかっこいいから。それだけですw
あとあるとすれば、文字いらなくない?と思いました。どうせ見ないんだし。

墨|黒じゃない「スミ」!センスあるぅ

色は好みですね。
黒はよごれ目立たないです。
白はグレーがちょっと混じってます。真っ白だったらいいな!

ワイヤレス接続:無線接続|bluetooth接続

できれば無線、姿勢変えたいもん、コード邪魔

私はHHKB Professional BT 無刻印 US配列 60キーを使ってる

いろんなバリエーションがありますよ

無刻印ってかなりクセが強いのでほとんどの人は選ばないですよね。
あとは、やっぱり日本語配列の方がユーザーとしては多いと思います。

好みに合わせて選んでみてください。

もっとこうしてくれたらいいのに

  • 有線・無線両方使えるようにして欲しい
  • 電池じゃなくて充電式にして欲しい
  • Bluetoothで複数台接続できるようにして欲しい

これの問題を一気に解決してくれるヤツが現れた!

そんな私が現在使っているキーボードはHHKBのクローンのniz
記事はこちら

投稿者プロフィール

じゅん
じゅんプロジェクトファシリテーター
フリーランスのITコンサルタント として、CIO代行サービスで多くの企業をサポートしています。
企業のIT戦略 立案・実行支援を行い、
ITを活用した情報システム の導入・マネジメント支援しています。
IT利活用 に関して気軽な相談から経営に関わる支援まで幅広く受け付けています。

普段私が仕事をする時にお客様やプロジェクトチームの方々に実際に話している内容をたくさんの方々に届けます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が好きすぎるので「DX王子」と呼ばれています。

ITに関するお悩みの場合は気軽にご相談ください

社内のITに関する相談やプロジェクト運営支援など、フリーランスならではの柔軟な対応をしています。 ご訪問・対面でのお打ち合わせも可能ですので、お気軽にご連絡ください。

ガジェットカテゴリの最新記事