デジタルトランスフォーメーションの7つの事例をこちらの記事で紹介しています

2020年最新版!完全リモートワークで仕事をするITコンサルタントの仕事道具一式

2020年最新版!完全リモートワークで仕事をするITコンサルタントの仕事道具一式

御社のCIO代行 じゅんです。

4月に緊急事態宣言が出てから完全にリモートワークになり、7月の現時点でも全く外に出ずに仕事をしています。

1年前に仕事ツール一式というブログ記事を書いたのでその記事を最新化するとともに、現在のツールをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

2020年最新版!完全リモートワークで仕事をするITコンサルタントの仕事道具一式

これまではお客様先に行ってお仕事をするのが中心だったので、自宅、オフィス、お客様先、カフェ、コワーキングスペースなど、さまざまな場所で仕事をすることを想定して仕事道具を用意していました。

しかし、2020年4月に入ってから完全リモートワークになってから仕事のスタイルが

・リビングや寝室などデスク以外の場所で仕事する
・デスクに向かって仕事をする

の2つしか無い状態になりました。

現在の私が使用している道具一式を改めて紹介します

リビングなど家の中全般で使う|Chromebook・スマホ

ノートパソコンは後述するSurfaceBook2を持っていますが、SurfaceBook2は重たいので家の中で持ち歩くのにはちょっと重たいです。そんなとき、Chromebookを使ってほとんどの仕事をしています。

Chromebookの用途については以下の記事で書いた内容と今も変わっていません。

ASUS chromebook Flip c434

スマホは置きっぱなしになってしまったし、スマートウォッチはつけてない

これは変わらず使い続けてます。

スマホの使用頻度がかなり減りました。

Chromebookを家の中で持ち歩いて作業をするので、スマホでやっていたことをChromebookでやっているという感じです。たまに電話でのやりとりが発生する場合があるので、その時はスマホを使いますが、家の中で置きっぱなしにすることが多いです。

電話以外のほとんどは、Chromebookでまかなえるのでスマホを触るのもより減ります。

私が使っているChromebookはAndroidアプリをインストールできるので、スマホと同じ画面をChromebookでも見ることができます。

あとはスマートウォッチですが、家の中で腕時計はつけないので、これも使わなくなりました。

おかげで運動量が減って、運動不足で大変です(笑)

デスクに座って作業するリモートワーク環境

メインのパソコン環境

Surface Book2 と boyataスタンドを使って、キーボード【NiZ ATOM 66】とSANWAの3台切り替えられるBluetoothマウスを使ってます。

この環境でほとんどのことが済みます。

SurfaceBook2は画面をひっくり返して閉じることでスタジオモードにしてBoyataのスタンドに乗せています。

キーボードとマウスは、3台ずつ切り替えられるので、Surface以外にもiPadProやスマホにも切り替えることができます。

同じキーボードとマウスで違うPCの作業ができるのは快適です。

Boyataのスタンド

キーボード【NiZ ATOM 66】

オンラインミーティングをするとき

リモートワークの象徴みたいなのがオンラインミーティングです。

写真にあるようにバーチャル背景が使いやすくなるようにグリーンバックの布を使っています。

イヤホンとマイクは、以前コチラの記事で紹介したSONYのBluetoothイヤホンを使っています。

証明|KOIZUMI LEDスタンド

デスクライトとして今まで使っていたのですが、オンラインミーティングをするときのライトに最適でした。

サブ機としてのiPad

オーディオブックや音楽を流したり、ニュースなどを見る端末になっています。

Twitterやブログやサイトのアナリティクス状況をサクッと確認するような感じの使い方もしてます。

一応キーボードとマウスはBluetoothで3台まで切り替えられるのでiPadに切り替えて文字を打ったり、マウスでカーソル動かしたりできますが、ほとんどしないです。

「チャットとかで即座に返信したい時にキーボードを切り替えてサクッと返信する」みたいな使い方はします。

打ち合わせしながら手書きのメモは、Surfaceペンを使って画面に直接書き込むのでこちらもあまり使わなくなってきています。

リビングでゆったりしながらアイディアを考えたり、考えをまとめたりするときにiPad+ペンを使います。

画面をたくさん使いたい時に拡張するモバイルディスプレイ

SurfaceBook2は4Kなので、基本は1画面で十分対応可能ですが、さらに画面を広げたいときは、モバイルディスプレイを使います。オンラインミーティングとかで参加人数が多くて顔を見たい時はサブディスプレイに参加者を表示させて、メインディスプレイには資料やノート、ブラウザを表示させてミーティングをするみたいな感じです。

ASUSのコレ

JAPANNEXTのコレ

本日の提案|デスクに向かうときとリビングやソファで使う2パターンがあればOK!

これまでは、家で使用する用、外出用など、使い分けていましたが、リモートワークになって、全く外出しなくなったので、同じ機器でも使い方が変わりました。

また、使わなくなった機器もあります。

よく考えるとわかることなのですが、家の中にいるので、意外とスマホを持たなったのは意外でした。

メインPC環境

Surface Book2+Surfaceペン

Boyataスタンド

NiZ ATOM 66

SANWA 3台切り替えマウス

オンラインミーティング用道具

SONYイヤホン

証明|KOIZUMI LEDスタンド

グリーンバック

サブ機他

Chromebook

iPad Pro 12.9 inch + Apple pencil (第一世代)

Galaxy Note 9

サブディスプレイ

おまけ|M5 Stack と LEGO

私のデスクには、M5 Stackで、温度、湿度、気圧を計測してAmbientに自動的に記録しています。
以前IoTの勉強をしたときに作ったものです。
LEGOと組み合わせるとデスクに彩りができて楽しいですよ

投稿者プロフィール

じゅん
じゅんプロジェクトファシリテーター
フリーランスのITコンサルタント として、CIO代行サービスで多くの企業をサポートしています。
企業のIT戦略 立案・実行支援を行い、
ITを活用した情報システム の導入・マネジメント支援しています。
IT利活用 に関して気軽な相談から経営に関わる支援まで幅広く受け付けています。

普段私が仕事をする時にお客様やプロジェクトチームの方々に実際に話している内容をたくさんの方々に届けます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が好きすぎるので「DX王子」と呼ばれています。

どうすればIT企業レベルのIT活用ができるかの「答え」をお教えします

CTA-IMAGE この無料オンライン相談では、 ・ 導入しているITツールをフル活用する方法 ・ IT活用を進める方法 ・ 会社全体のIT活用をどこから手を付ければよいかの答え など、IT企業レベルのIT活用をするにはどうしたら良いかについてお伝えします。 オンラインミーティングで60分お話できます

ガジェットカテゴリの最新記事